徳島ウエストヤング【徳島西部の中学硬式野球チーム】

徳島ウエストヤング

 

徳島ウエストヤング【徳島西部の中学硬式野球チーム】

徳島ウエストヤング

TWYの取組み


現在、チーム全体の構成を、佐々木監督が取組んでくれています。
露口コーチは基本的に技術指導及び監督の考えを継承すべく日々勉強してくれてます。
 
佐々木監督の方針は、選手を褒めて伸ばすという事に徹底して取り組んでおり、選手の本来のポテンシャルを最大限引き出せる環境作りを行っております。ミスはミスで感情的にならずに、その場で反省し、修正します。
そうする事で、次に気を付けるポイントが明確になり、野球を嫌いにならずにレベルアップできると考えています。
チーム全体で共有していますので、選手のモチベーションは常に高い状態で選手間のコミュニケーションも良い状態が継続する事ができております。
 
 

育成プログラム

各選手、野球をはじめた時期、育った環境、身体能力、身体的な成長のスピード、現在の技術面の状況、メンタル状況等・・・。

誰一人として同じではないと思います。

ですので、基本的な練習メニューと、各選手の今必要な練習メニューを分けて課題に取組むスタイルにしております。そうする事で、強みを伸ばし、弱みを減少させながらトータルとしての能力がUPすると考え、それを実践しております。

監督・コーチ陣の考え方について

自主練について

週3回(木曜、土曜、日曜)という少ない練習時間で特に大切なのは

個々の主に自宅での自主練習です。

露口コーチが選手一人一人の課題を明確に、個々に内容が違う自主練メニューを考えて取組んでおります。

これにより合同練習が発表の場という認識を生まれ、より集中力を維持した練習が可能となっております。

怪我、痛みについて

痛い事を隠す事は絶対良くない!という事を徹底しております。

体に違和感を感じた時に、自己申告しやすい環境作りをしております。

練習前の確認や、練習中でも、監督・コーチが、痛いところがないか選手に確認するようにしております。

選手としてのゴールはあくまで今ではないと考えております。

高校野球以降の野球人生を豊かにする為、技術はもちろん、体のケアには意識を高め早期発見、早期回復に取組んでおります。

野球人口の減少について

現在、野球人口の減少が著しく減少しています。DNAの筒香選手、広島の菊池選手 他、多くのプロ野球選手の方も危惧してます。

その気持ちは全く同じです。我々、徳島ウエストヤングは、まずは選手に野球をおもいっきり楽しんでもらう。その中で一生懸命取り組んでもらう。という事を基本に活動しております。

野球はミスの多いスポーツだと思います。空振り、暴投、ファンブル、そのミスのどれもが目立ちやすくネガティブな要素がとても多いです。ですのでネガティブな要素に感情的になり、選手を委縮させ、小さくするより、次にどうするかを選手と共有し追及するというポジティブなスタイルで取り組むようにしております。

社会、地域コミュニティ

徳島県西部に硬式野球チームが出来た事で、選手の受け皿、地域の活性化も同時に補完できていると考えてます。

野球人口の減少のスピードは想像以上で、野球ができる環境がない選手も多く存在します。

そんな選手の選択肢のひとつとして存在したいと思ってます。

しかもそれを、良い環境、良い指導者の元で実現する事でより価値が高まると考えてます。

子供達が喜ぶエネルギーの大きさは数値化できない程、大きく関わる人の心を豊かにできます。

今後も、TWYに係る全ての人が幸せになれるように取組んでいきます。

社会人として

徳島ウエストヤングで野球に取組んだ選手には、社会人として地球や世界、日本に貢献できる人材になってほしいと考えています。

伝えられる範囲でタイミングをみて、今後の変化の激しい社会に対応できる人材育成も念頭において選手に接しております。 

 
ようやく2年目がスタートしました。子供でいうとまだ歩いてもいません。
初心を忘れず、より良いチーム作り、環境作りを真摯に取り組み勝ち負けの強さではなく、現代野球としてどう取り組んでいくのが良いか。
と、常に自問自答しながら多くの仲間と一緒にチーム作りを行っていきたいと思います。
2年目も応援よろしくお願いします。

監督・コーチコメント


【監督】佐々木 健一


『チャレンジ』を合言葉に、野球というスポーツを楽しみ、選手自身が考えられる能力を引き出すチーム作りを常に年頭に置いております。
その中で、選手が自信をつけ、大きくプレーできるよう惜しみなくサポートしていきます。

【ヘッドコーチ】露口 裕太


指導者でありながら、選手からは「兄」のような存在になれるよう取り組んでいます。
野球以外での選手の悩みや、学校であった些細なことでも会話をしていくことで、選手との信頼関係が作られます。
信頼が無ければ、指導した内容に聞く耳を持たず、野球が上手くなるのに時間がかかってしまいます。
そういった選手との信頼関係という点を重要視しています。
また、個々に応じた技術指導を常に考え、取り組み、野球がやりやすい。という環境や雰囲気作りにも取り組んでいます。
また、学校の長期休暇の場合等は、選手の個々に応じた自主練習カリキュラムを作成し、自主練習を行える環境作りもしています。

【コーチ】松永 晃


高校、中学、少年野球での26年間の指導経験を活かして、選手の長所を伸ばす指導をしたいです。